2014年7月5日土曜日

新進党 - Wikipedia

新進党 - Wikipedia: "自民党、新進党、民主党の候補者による三つ巴の戦いで反自民の票が割れた結果、自民党が小選挙区に勝利したケースが多かったこと(重複立候補を原則行わなかったため、多くの小選挙区でわずか1万票前後の差で野党候補の落選者が出た。)
自民党、特に亀井静香と白川勝彦による新進党の有力支援組織である創価学会に対する反創価学会キャンペーンの存在。
公明や支持母体の創価学会が一部選挙区(東京5区や神奈川11区等)で新進党候補者(反創価系の新進党候補者)へ投票せず独自投票を行い、事実上の分裂選挙になったこと。"



'via Blog this'

年金だけでは暮らせない 増加する生活保護“同時受給”|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本

年金だけでは暮らせない 増加する生活保護“同時受給”|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本:





2012年10月4日(木)

年金だけでは暮らせない 増加する生活保護“同時受給”

  • help
  • notice

阿部
「今、国が本格的な議論を行っている生活保護についてです。
生活保護の受給者は、ごらんのように平成7年から増え続け、今や211万人。
国は増加に歯止めをかけるため、先週から制度の見直しや、生活困窮者の新たな支援策について、本格的な議論を始めました。」
 
鈴木
「この生活保護、全体の40%近くを占めているのが、65歳以上の高齢者なんです。
高齢者の生活を支える制度としては『年金』がありますが、年金を受けとっていながらも、生活保護に頼らざるを得ない人が、実は一昨年(2010年)の時点で35万人、この10年間でおよそ2倍に増えています。
年金を受けながらなぜ、生活保護を受給する事態となってしまうのか取材しました。」

なぜ 年金+生活保護に

徳島県の佐原滋さん71歳。
アパートで1人で暮らしています。
40年以上、建築現場で左官職人として働いてきた佐原さん。
不安定な収入を工面して、27年あまり年金の保険料を納めてきました。
老後は左官の仕事と年金で暮らそうと考えていましたが、3年ほど前から、仕事の依頼はありません。
収入はふた月およそ7万3000円。
月4万円足らずの年金だけとなったのです。
佐原滋さん
「家賃は払えない、飯食うのが精いっぱい。
1か月とても年金では生活できない。」
少しでも収入を増やすことができないか。
佐原さんは、知人の紹介で、道路の草刈り作業を行っています。
しかし、仕事があるのは月に2日。
1万5000円にしかなりません。
掛け持ちで空き缶の回収も始めています。
知り合いから空き缶を回収して、リサイクル業者に届けます。
この日、回収できたのは6キロ。
売り上げは390円でした。
佐原滋さん
「1日1,000円でも2,000円でも、ごはん代があったら前へ進む。
自分が本気で追い詰められたら、どんなことがあっても仕事しないと。」
離婚したあと、子どもとも離れ、経済的に頼る身よりのない佐原さん。
結局、去年(2011年)6月、生活保護を申請せざるを得ませんでした。
「これだけ出ています、ご確認ください。」
今は、家賃などの支払いのために、毎月およそ3万円を受け取っています。
佐原滋さん
「今の立場だったら、(生活保護を)抜け出したいけど、70歳過ぎて仕事はない。
(生活保護がなければ)飢え死にだ。」
阿部
「ここからは社会部牛田記者とお伝えします。」
鈴木
「27年間、年金保険料を払っても、受け取れるのは4万円足らず、少ないんですね。」
牛田記者
「VTRで紹介した男性が、主に受け取っているのは国民年金です。
自営業者などが加入する年金で、保険料を40年支払い、満額を受給したとしても月額およそ6万6000円なんです。
これだけで生活費や家賃を払っていくのは厳しい金額と言えます。
というのも、国民年金は、そもそも衣・食・住の全てをまかなうとは想定されていなかったんです。
国民年金は、①貯金など現役時代からの蓄え、②住居などの生活基盤が整っている、こうしたことが前提で、その上で“足りない部分を補う”というものです。
しかし、長引く景気の低迷で仕事を失うなど、その前提が崩れつつある上、家族の支えを受けられなかったりして、生活保護に頼らざるを得ないケースが増えています。
阿部
「今後もこうしたケース、増えるんでしょうか。」
牛田記者
「増えると考えられます。
バブル経済崩壊後に急速に増えた非正規雇用の人たちの多くが、これから年金を受給する世代に入ります。
しかし、年金が少なかったり、もらえなかったりする人が多くいるとみられ、生活保護を受給する高齢者は、今後、さらに増えるおそれが出ています。」

避けられない 年金+生活保護

水戸市に住む54歳の無職の男性です。
去年11月に仕事をなくして以来、毎週、欠かさず求人情報誌をチェックしています。
男性は親の介護のために正社員をやめ、その後、長年、派遣社員として働いてきました。
関東地方の工場、6か所に派遣されたといいます。
「わたし今、現在年齢54歳で…。」
しかし、50歳を過ぎると、派遣会社は仕事を紹介してくれなくなりました。
「体力を使うような仕事は厳しい、交代制勤務も厳しいでしょうと、1日も早くどんな仕事でもいいから就けないかなと考えている。」
収入がない中、今、男性が心配しているのが、年金保険料の支払いです。
このまま支払いが滞っていくと、将来、年金が受け取れなくなってしまうからです。
「どのくらい(年金を)もらえるのかということになりますけども。」
調べてみると、年金の受給資格を得られるのは、早くて13年後。
派遣会社のいくつかが保険料を払った記録がないこともあり、もらえる額は月に4万円以下と説明を受けました。
「正直に言って心が折れる、現実として受け止めるしかない。」
わずかな貯金もつきて、2か月前から生活保護を受け始めました。
できるだけ早く自立したいと男性は仕事を探し続けています。
しかし、たとえ仕事が見つかったとしても、老後は再び生活保護に頼るしかないのかと、不安を募らせています。
「光が見えてこない、今の状況をずっと想像して、2年3年5年10年と続くと考えたとき光はあろうはずがない、正直言ってもう前途は真っ暗です。」



 
鈴木
「なんとか仕事を探して、自立を目指している思い、ひしひしと伝わってきますが、厳しいんですね。」
阿部
「こうした人たち、多いということなんですが、国はどのように支援しようとしているのでしょうか。」
牛田記者
「水戸市の男性のように働ける世代の人たちには、就職支援を強化していく方針です。
NPOなどの支援者が、1人1人、継続的に再就職をサポートするなど、支援体制を拡大することにしています。
高齢になればなるほど、職を得るのは困難になっていきますので、早めに安定した仕事に結びつける対策が求められます。
また、年金だけでは暮らせない高齢者がここまで広がっている以上、高齢者の生活をどう支えていくべきか、年金制度のあり方も含めて検討する必要があると思います。
'via Blog this'

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とは - sense of coherence (SOC) 研究日記

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とは - sense of coherence (SOC) 研究日記:

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とはAdd Star

SOCの定義は、Antonovsky(1987)の中で、以下のようにいわれています。
「その人に浸みわたった、ダ イナミックではあるが持続する確信の感覚によって 表現される世界(生活世界)規模の志向性のことである。それは、第一に、自分の内外で生じる環境刺激は、秩序づけられた、予測と説明が可能なものであるという確信、第二 に、その刺激がもたらす要求に対応するための資源はいつでも得られるという確信、 第三に、そうした要求は挑戦であり、心身を投入しかかわるに値するという確信からなる」と(山崎、吉井監訳「健康の謎を解く(有信堂高文社)」より)。
2008年に出された「ストレス対処能力SOC(有信堂高文社)」では、山崎先生によってもう少し意訳されていて
「その人に滲み渡る、動的ではあるが持続的な次の3つの感覚の程度によって表現される、その人の生活世界全般への志向性のことである。第一に、自己の内外で生じる環境刺激は、秩序づけられ、予測と説明が可能であるという確信、第二に、その刺激がもたらす要求に対応するための資源はいつでも得られるという確信、第三に、そうした要求は挑戦であり、心身を投入し関わるに値するという確信からなる」
若干修正がされていて、動的でかつ持続的というような性質と、生活世界全般への志向性、というところを明示しています。
さらに「ストレス対処能力SOC」の中で「文字通りには、自分の生活世界はコヒアレントである、つまり首尾一貫している、筋道が通っている、訳が分かる、腑に落ちるという知覚・感覚のことである。それは次の三つの感覚からなるという。第一は、自分の置かれている、あるいは置かれるであろう状況がある程度予測でき、または理解できるであろうという把握可能感、第二は、何とかなる、何とかやっていけるという処理可能感、第三は、ストレッサーへの対処のしがいも含め、日々の営みにやりがいや生きる意味を感じられるという有意味感である」と説明されている。加えて、「こうした確信の感覚が、環境と主体である人との相互作用からなる生活世界へのその人の志向性(中略)見方・向き合い方の表現なのであって、単なる主観や心模様ではないし、ましてや思い込みや思い入れでない」と説明している。
山崎先生の説明でずいぶん分かりやすくなったと思いますし、そもそも人間の生を追求する理論なので、これを単純にひとことで説明するというのは乱暴な話のようにも思いますが、定義を理解するためのはじめの一歩としての説明を試みると、以下のようになると思います。
SOCは世の中に対する向き合い方や姿勢の特徴を表していて、どんな姿勢の特徴かというと、「世の中は安定していて先行きもみえると思えること」と、「何かあってもだれか/何かに助けてもらえる、何とかなると思えること」と、「生きていくうえで出会う出来事にはすべて意味があって、この先出会うことも挑戦と思えること」の3つの特徴から成り立つものです。さらに、先日女子高生にもわかるように説明してほしいということを近所の某先生からいわれて、せつめいしたのが以下です。SOCとは「生活・人生が安定しているように見えて、だれか何かに守られていて、世間や人生は面白いと思える、ということ」。最後の女子高生版はかなり端的すぎて勘違いされる可能性がありますので割引して理解していただければと思います。
私がこの概念を理解するうえでのカギと思うのが、「一貫性(コヒアレンス)」という言葉だと思います。山崎先生の説明のように、ひとつは、生活世界が首尾一貫している、筋道が通っている訳が分かる、というところですし、もうひとつは周囲の環境(物理化学的、心理社会的)と自己の内面との相互作用、言い換えると自己の内と外とがつながっている、一貫しているという所だと思います。二元論的、あるいは西欧近代文明における機械論的自然観ではない世界観がこの概念の根底にあると理解しています。東洋的、さらに日本人の生活観世界観に親和性があるのではないかという話も納得できます。「首尾一貫感覚」という日本語名を当時の山崎先生達開発グループが名付けているのですが、最近になりようやく納得がいくようになってきました。
'via Blog this'

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とは - sense of coherence (SOC) 研究日記

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とは - sense of coherence (SOC) 研究日記:

Sense of coherence (首尾一貫感覚)とはAdd Star

SOCの定義は、Antonovsky(1987)の中で、以下のようにいわれています。
「その人に浸みわたった、ダ イナミックではあるが持続する確信の感覚によって 表現される世界(生活世界)規模の志向性のことである。それは、第一に、自分の内外で生じる環境刺激は、秩序づけられた、予測と説明が可能なものであるという確信、第二 に、その刺激がもたらす要求に対応するための資源はいつでも得られるという確信、 第三に、そうした要求は挑戦であり、心身を投入しかかわるに値するという確信からなる」と(山崎、吉井監訳「健康の謎を解く(有信堂高文社)」より)。
2008年に出された「ストレス対処能力SOC(有信堂高文社)」では、山崎先生によってもう少し意訳されていて
「その人に滲み渡る、動的ではあるが持続的な次の3つの感覚の程度によって表現される、その人の生活世界全般への志向性のことである。第一に、自己の内外で生じる環境刺激は、秩序づけられ、予測と説明が可能であるという確信、第二に、その刺激がもたらす要求に対応するための資源はいつでも得られるという確信、第三に、そうした要求は挑戦であり、心身を投入し関わるに値するという確信からなる」
若干修正がされていて、動的でかつ持続的というような性質と、生活世界全般への志向性、というところを明示しています。
さらに「ストレス対処能力SOC」の中で「文字通りには、自分の生活世界はコヒアレントである、つまり首尾一貫している、筋道が通っている、訳が分かる、腑に落ちるという知覚・感覚のことである。それは次の三つの感覚からなるという。第一は、自分の置かれている、あるいは置かれるであろう状況がある程度予測でき、または理解できるであろうという把握可能感、第二は、何とかなる、何とかやっていけるという処理可能感、第三は、ストレッサーへの対処のしがいも含め、日々の営みにやりがいや生きる意味を感じられるという有意味感である」と説明されている。加えて、「こうした確信の感覚が、環境と主体である人との相互作用からなる生活世界へのその人の志向性(中略)見方・向き合い方の表現なのであって、単なる主観や心模様ではないし、ましてや思い込みや思い入れでない」と説明している。
山崎先生の説明でずいぶん分かりやすくなったと思いますし、そもそも人間の生を追求する理論なので、これを単純にひとことで説明するというのは乱暴な話のようにも思いますが、定義を理解するためのはじめの一歩としての説明を試みると、以下のようになると思います。
SOCは世の中に対する向き合い方や姿勢の特徴を表していて、どんな姿勢の特徴かというと、「世の中は安定していて先行きもみえると思えること」と、「何かあってもだれか/何かに助けてもらえる、何とかなると思えること」と、「生きていくうえで出会う出来事にはすべて意味があって、この先出会うことも挑戦と思えること」の3つの特徴から成り立つものです。さらに、先日女子高生にもわかるように説明してほしいということを近所の某先生からいわれて、せつめいしたのが以下です。SOCとは「生活・人生が安定しているように見えて、だれか何かに守られていて、世間や人生は面白いと思える、ということ」。最後の女子高生版はかなり端的すぎて勘違いされる可能性がありますので割引して理解していただければと思います。
私がこの概念を理解するうえでのカギと思うのが、「一貫性(コヒアレンス)」という言葉だと思います。山崎先生の説明のように、ひとつは、生活世界が首尾一貫している、筋道が通っている訳が分かる、というところですし、もうひとつは周囲の環境(物理化学的、心理社会的)と自己の内面との相互作用、言い換えると自己の内と外とがつながっている、一貫しているという所だと思います。二元論的、あるいは西欧近代文明における機械論的自然観ではない世界観がこの概念の根底にあると理解しています。東洋的、さらに日本人の生活観世界観に親和性があるのではないかという話も納得できます。「首尾一貫感覚」という日本語名を当時の山崎先生達開発グループが名付けているのですが、最近になりようやく納得がいくようになってきました。
'via Blog this'

2014年7月3日木曜日

投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏 | 専門家の声 | 海外教育情報サイトSPRING(シンガポール)

投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏 | 専門家の声 | 海外教育情報サイトSPRING(シンガポール):

かつて世界6大陸116 ヵ国を旅した中で、地元の人々と関わって得た知見は、「どんな状況であっても人間は与えられた環境で生きていく柔軟性をもっている」ということでした。
 農地が砂漠化すれば、人々はその地で別の生き方を選択するか、居を移して生きていくなど、私たち人間は、刻々と「変化」する世界に適応できるたくましさを備えているのです。

'via Blog this'

投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏 | 専門家の声 | 海外教育情報サイトSPRING(シンガポール)

投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏 | 専門家の声 | 海外教育情報サイトSPRING(シンガポール):

かつて世界6大陸116 ヵ国を旅した中で、地元の人々と関わって得た知見は、「どんな状況であっても人間は与えられた環境で生きていく柔軟性をもっている」ということでした。
 農地が砂漠化すれば、人々はその地で別の生き方を選択するか、居を移して生きていくなど、私たち人間は、刻々と「変化」する世界に適応できるたくましさを備えているのです。

'via Blog this'

失敗しても「耐え忍ぶ力」と「諦めず継続する力」が人生において重要です。-ジム・ロジャーズ情報ブログ-

失敗しても「耐え忍ぶ力」と「諦めず継続する力」が人生において重要です。-ジム・ロジャーズ情報ブログ-:

今までに、素晴らしい学歴の持ち主や頭脳明晰と言われる人に出会ってきましたが、彼らは必ずしもビジネスや人 生において成功者ではありませんでした。
 つまり教育そのものが成功の唯一の鍵とは言えないのです。失敗しても「耐え忍ぶ力」と「諦めず継続する力」の方が、最終的には人生において重要です。
 まだ幼い娘たちがどれほど理解しているかわかりませんが、私が娘たちに好んで読む古書の一節にこうあります。 「If at first you don’t succeed, try, try again.(はじめ成功しなくても、挑戦し続けよ。)」 McGuffey’ s Fourth Electic Readerより。

'via Blog this'

民族性ジョーク

民族性ジョーク: "世界で一番幸せな男は?
──アメリカの家に住み、イギリスの給料をもらい、中国の食事をとり、日本人の妻を持つ男。

じゃあ、世界で一番不幸な男は?
──日本の家に住み、中国の給料をもらい、イギリスの食事をとり、アメリカ人の妻を持つ男。"



'via Blog this'