2014年6月18日水曜日

AMS 2750 E(米国航空宇宙材料仕様書)などの規格は、高精度な工業材料の加工に適用されます。熱処

理に関する業界特有のスペックを定義しています。今日ではAMS 2750 EあるいはAMS 2770のような派生

規格はアルミニウムの熱処理に関して、今日の航空宇宙産業のスタンダードになっています。またCQI-9の

導入後、自動車工業でも熱処理工程の厳格な規定を義務化しています。これらの規格で、熱処理の機械設

備の要求を細かく記述しています。

„ 有効空間(TUS)の温度均一性

„ 計装(計測と制御装置の定義)

„ 制御器から測定経路を経由して熱電対までの計測器(IT)のキャリブレーション

„ システムの精度テスト(SAT)

„ 点検周期のドキュメンテーション

要求される品質水準を満たす部品を量産時でも製造するためには、規格遵守が必須です。この理由から、

広範囲な点検を繰り返し、またそれに準じたドキュメンテーションを含む計装の点検が必要になります。

AMS 2750に必要な炉クラスと計装

熱処理で品質の要求度によって、ユーザーが計装タイプと温度均一性を特定します。計装タイプは、使用さ

れる制御器、記録メディア、熱電対の構成です。要求される炉クラスをベースに、炉の温度均一性と選択さ

れた計装が定義されます。炉クラスの要求が高いほど、精密な計装が求められます。

A



'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿