2013年8月2日金曜日

Plone 4.2.1をCentOS6.3にインストール — lights on zope

Plone 4.2.1をCentOS6.3にインストール — lights on zope:
編集操作

Plone 4.2.1をCentOS6.3にインストール

作成者 seko — 投稿日 2013年01月01日 13時37分 最終変更日時 2013年01月27日 16時30分
ZopeでSigmaGridを使うテストのために、Vmware上のCentOS6.3にPlone4.2.1をインストールする。
注意:この記事に沿って、マカロニさんがPlone4.2.3をインストールしたところ、なにがしかのモジュールの不足でインストールできず。今のところPlone4.2.1をお勧めします。
前準備
# yum install gcc
 # yum install openssl-devel
Firewallをオフにする :
# system-config-firewall-tui
selinuxをdisableに :
# vi /etc/selinux/config
 # This file controls the state of SELinux on the system.
 # SELINUX= can take one of these three values:
 #     enforcing - SELinux security policy is enforced.
 #     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
 #     disabled - No SELinux policy is loaded.
 SELINUX=disabled
 # SELINUXTYPE= can take one of these two values:
 #     targeted - Targeted processes are protected,
 #     mls - Multi Level Security protection.
 SELINUXTYPE=targeted
設定後、リブートする。
http://plone.org/ よりPloneをダウンロードしインストールする。ここではバージョン 4.2.1を Standalone で利用する。
# tar zxvf Plone-4.2.1-UnifiedInstaller.tgz
 # cd Plone-4.2.1-UnifiedInstaller
 # ./install.sh standalone
インストールの最後に表示されるパスワードをメモしておきます。
起動する
# /usr/local/Plone/zinstance/bin/plonectl start
ブラウザで http://localhost:8080/にアクセスして、新しいPloneサイトを作ります。
次はデータベースですが。。。。
考えてみたら、最近のPloneにデータベースをインストールしたことがありませんでした。
postgresqlのインストール
# yum install postgresql-server postgresql-devel
 # service postgresql initdb
 # /etc/rc.d/init.d/postgresql start
 # chkconfig postgresql on 
サンプルテーブルの作成
# su - postgres
 $ psql -c "alter user postgres with password 'password'" 
 $ createuser zope
 新しいロールをスーパーユーザとしますか?  (y/n)y
 $ su - zope
 パスワード:
 $ createdb testdb 
 $ psql -l
 $ psql testdb
 psql (8.4.13)
 "help" でヘルプを表示します.

 testdb=# create table test(fruits text,price int, qty int);
 CREATE TABLE
 testdb=# create table test(fruits text,price int, qty int);
 CREATE TABLE
 testdb=# insert into test(fruits,price,qty)values('orange',100,20);
 INSERT 0 1
 testdb=# insert into test(fruits,price,qty)values('apple',200,5);
 INSERT 0 1
 testdb=# seletct * from test;
 ERROR:  "seletct"またはその近辺で構文エラー
 行 1: seletct * from test;
       ^
 testdb=# select * from test;
  fruits | price | qty 
 --------+-------+-----
  orange |   100 |  20
  apple  |   200 |   5
 (2 行)
認証の設定 :
# /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
 で indentからtrustに変更
 # IPv4 local connections:
 host    all         all         127.0.0.1/32          trust
http://www.initd.org/psycopg/download/ からpsycopg2.4.6をダウンロードする。
$ tar zxvf psycopg2-2.4.6.tar.gz
 $ cd psycopg2-2.4.6
 # su 
 # /usr/local/Plone/Python-2.7/bin/python setup.py install
 # mv ZPsycopgDA /usr/local/Plone/zinstance/products/
 # chown -R plone:postgres /usr/local/Plone/zinstance/products/ZPsycopgDA
 # /usr/local/Plone/zinstance/bin/plonectl restart 
ZopeのProductsを見ても、ZpsycopgDAは入っていないが、メニューからは追加できるようになっているので、これでいいらしい。
ZopeにPsycopg2_database_connectionを追加する
コネクションストリングには次のような書く。hostをtrust認証しているので、パスワードはいらない。 :
dbname=testdb user=zope
test で select * from table; を発行
Fruits  Price Qty
 orange 100  20
 apple  200 5
成功!! 今日はここまで。
FTPを使えるようにする :
# vi /usr/local/Plone/zinstance/buildout.cfg
# Ports
 # -----
 # Specify the port on which your Zope installation
 # will listen:
 http-address = 8080
 ftp-address = 8021 これを追加
builoutする :
# cd /usr/local/Plone/zinstance/
 # ./bin/buildout
zope.confの修正 :
# vi /usr/local/Plone/zinstance/parts/instance/etc/zope.conf
FTPの部分を追加 :
<http-server>
    address 8080
 </http-server>
 <ftp-server>
    address 8021
 </ftp-server>
Zopeを一度止めて、デバッグモードで起動 :
# /usr/local/Plone/zinstance/bin/instance fg
エラーがでなければ、通常モードで起動 :
# /usr/local/Plone/zinstance/bin/plonectl start
'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿