2013年8月30日金曜日

ESXi で CentOS をコピーすると eth0 が eth1 になてしまう

ESXi で CentOS をコピーすると eth0 が eth1 になてしまう:
VMware ESXi サーバで、CentOS 6のイメージをコピーするとネットワークにつながらなくなります。
調べてみるとコピーした仮想 OS では NIC が eth0 ではなく eth1 として認識されています。これはイメージをコピーした際に MAC アドレスが変更され、そのため別の NIC として認識されてしまうことが原因のようです。
これを直すには、/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules を編集します。
# PCI device 0x15ad:0x07b0 (vmxnet3) (custom name provided by external tool)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:aa:bb:cc", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

# PCI device 0x15ad:0x07b0 (vmxnet3)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:dd:ee:ff", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"
eth1 に書かれている MAC アドレス (この例では 00:0c:29:dd:ee:ff ) で eth0 の設定を上書きして、eth1 の部分はコメントにします。
OS を再起動すれば、NIC が eth0 として認識されます。
[tmkm-amazon]4798122459[/tmkm-amazon]
'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿