2013年7月11日木曜日

今日のアナリストレポート「バーナンキ発言を受け市場は混乱」|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。

今日のアナリストレポート「バーナンキ発言を受け市場は混乱」|FX|外為オンライン FX取引 - あなたの為の、外為を。:

2013年7月11日(木)




ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 公表されたFOMC議事録では、金融緩和縮小に関してメンバーの中で
    議論が分かれていたことが判明。円買いドル売りが優勢となり、さらに今朝方の
    バーナンキ議長の講演でも「すぐに金利を引き上げるわけではない」との
    発言に、98円27銭まで円買いドル売りが進む。
  • 全般的にドルが売られる中、ユーロドルは急反発。1.28台半ばから
    1.29台後半まで買い戻しが進み、一気に今朝方には1.32台に乗せる。
  • FOMC議事録を受け株価はまちまち、ダウは小幅に下げたが、ナスダックは
    16ポイント高。
  • 債券相場は小幅に反発。朝方は売られる場目もあったが、バーナンキ議長の発言で
    緩和縮小が早期に始まるとの懸念が後退し下げを埋める。10年債は利回りは
    2.67%台に。
  • 金は3日続伸。原油価格は在庫が予想以上に減少していたことを受け続伸。
    昨年3月以来となる106ドル台まで上昇。
    ドル/円99.40 ~ 100.64
    ユーロ/ドル1.2800 ~ 1.2985
    ユーロ/円128.40 ~ 129.82
    NYダウ-8.68 → 15,291.66ドル
    GOLD+1.50 → 1,247.40ドル
    WTI+2.99 → 106.52ドル
    米10年国債+0.034 → 2.674%
'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿