2013年5月21日火曜日

にわかSEの独り言 CentOS 6.3 x64でNFS v3を設定

にわかSEの独り言 CentOS 6.3 x64でNFS v3を設定:
以前から書こうと思って忘れたままになっていましたNFSの設定手順ですが、他でたくさん解説されているにも関わらず、ポートの固定とiptablesの設定も含めた手順が少ないと感じたので、CentOS 6で試した手順をご紹介します。

    今回はNFS v3用の設定をご紹介します。

    ■ NFSサーバ(192.168.1.100)

  • NFSのインストール

  • # yum install nfs-utils

  • 共有ディレクトリの作成

  • # mkdir -p /mnt/nfs
    # chown nfsnobody. /mnt/nfs

  • exportsの設定

  • # vi /etc/exports
    /mnt/nfs 192.168.1.0/24(rw,root_squash)

    ※ オプションの説明
    オプション説明
    ro読み込みのみ
    rw読み書き
    sync同期反映
    async非同期反映
    wdelay複数書込一括
    no_wdelaywdelayの逆
    noaccess共有しない

    ※ マッピングオプションの説明
    オプション説明
    all_squash全てのUID,GIDを匿名へ変換
    anonuidUIDを匿名アカウントに変換
    anongidGIDを匿名グループに変換
    squash_uids指定UIDを匿名アカウントに変換
    squash_gids指定GIDを匿名グループに変換
    map_daemon動的なUID,GID変換を有効
    map_staticUID,GIDの変換マップファイル指定
    map_nisNISベースのUID,GID変換を有効
    root_squashroot特権をnfsnobodyに変換
    no_root_squashroot特権有効

    # exportfs -ra

  • exportsの確認

  • # exportfs -v

  • IPv6を無効にしている場合のみコメントアウト

  • # vi /etc/netconfig
    # udp6       tpi_clts      v     inet6    udp     -       -
    # tcp6       tpi_cots_ord  v     inet6    tcp     -       -

  • NFSで使用するポートを固定

  • # vi /etc/sysconfig/nfs
    MOUNTD_NFS_V2="no"
    MOUNTD_NFS_V3="yes"
    LOCKD_TCPPORT=32803
    LOCKD_UDPPORT=32769
    MOUNTD_PORT=892
    STATD_PORT=662

  • iptablesの設定

  • # vi /etc/sysconfig/iptables
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 111 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 111 -j ACCEPT
    
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 662 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 662 -j ACCEPT
    
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 892 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 892 -j ACCEPT
    
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 2049 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 2049 -j ACCEPT
    
    -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 32803 -j ACCEPT
    -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 32769 -j ACCEPT

  • NFSの起動と自動起動

  • # service rpcbind start
    # service nfslock start
    # service nfs start

    # chkconfig rpcbind on
    # chkconfig nfslock on
    # chkconfig nfs on

  • NFSの起動の確認

  • # rpcinfo -p

    ■ NFSクライアント(192.168.1.101)

  • rpcbindのインストール

  • # yum install rpcbind nfs-utils

  • rpcbindの起動と自動起動

  • # service rpcbind start
    # service netfs start

    # chkconfig rpcbind on
    # chkconfig netfs on

  • rpcbindの確認

  • # rpcinfo -p

  • マウント用ディレクトリの作成

  • # mkdir -p /nfs

  • マウント

  • # mount -t nfs 192.168.1.100:/mnt/nfs /nfs -o rsize=4096,wsize=4096,hard,intr,noatime
    ※ rsizeとwsizeの数値は、8192や32768などを試して一番パフォーマンスが良い数値を採用して下さい。

  • 動作テスト

  • # date; time dd if=/dev/zero of=/nfs/1gb.dat bs=10M count=100; date
    ※ 1GBのファイルを作成し、かかった時間とスループットが表示されます。
    ※ スループットの単位MB/s→Mbpsを知りたい場合は×8して下さい。
    ※ 個人的にbonding(LACP)で試してみましたが、NFSクライアントは複数あると正確なスループットが測れます。

  • サーバ起動時にマウントする設定

  • # vi /etc/fstab
    192.168.1.100:/mnt/nfs /nfs nfs rsize=4096,wsize=4096,hard,intr,noatime 1 1

    以下、参考リンクです。

'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿