2013年5月8日水曜日

カーボンクロス ソフトコンポジット [先端材料の生活用品への応用] | 受賞対象一覧 | Good Design Award

カーボンクロス ソフトコンポジット [先端材料の生活用品への応用] | 受賞対象一覧 | Good Design Award:


受賞対象名
カーボンクロス ソフトコンポジット [先端材料の生活用品への応用]
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
創和テキスタイル株式会社 (石川県) 
受賞番号
06D01033

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要
一般に先端材料である炭素繊維は、樹脂と組み合わせた硬い繊維強化プラスチックの形で、高強度・高曲げ剛性・軽量・耐熱性を特徴とした複合材料となし、航空機や宇宙産業などに応用されている。一方炭素繊維そのものは摩擦に弱く、そのままでは製品化に支障をきたす。そこで炭素繊維を特殊製織技術・柔軟性樹脂加工技術を駆使して「カーボンクロスソフトコンポジット」を完成した。当該「コンポジット」は、独特な光沢のあるハイテク美を有し、摩擦に強く、柔軟で、縫製可能な革新的複合材料である。生活用品に新規な質感を提供すると共に、当地石川・金沢の伝統工芸との融合により新領域を創出する事が期待出来る。
プロデューサー
創和テキスタイル株式会社 テク・テキスタイル部 主幹 波多野 武
ディレクター
有限会社ケイアイデザイン 代表取締役 高屋喜久子
デザイナー
有限会社ケイアイデザイン 代表取締役 高屋喜久子
高屋 喜久子 KIDESIGN
開始日
2006年12月1日
価格
-
問い合せ先
創和テキスタイル株式会社 テク・テキスタイル部 Email: Takeshi_Hatano@ichimura.co.jp URL: http://w2282.nsk.ne.jp/maruwa

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント
航空・宇宙産業に応用される先端材料のカーボン繊維は、優れた機能性と美しい素材感を有するが、生活者は直接目にすることが少ない。この意匠性と機能性に着目し、産地の技術を駆使して特殊織物・ソフトコンポジットに仕上げることにより、幻想的な光沢感とハイテク美を創出した。これまでになかった可縫性と柔軟性を得た複合材料は、造形の自由度が高いデザインに対応可能となり、伝統工芸との融合による新規市場性が拡大する。
デザインサイドに提示された要求・要望
1.炭素繊維は摩擦に弱く、製品への応用には樹脂加工が必須。樹脂加工すると炭素繊維独特の光沢が損なわれる。樹脂加工の新規技術開発により得られたカーボンブラックの幻想的光沢感を活かすこと。 2.従来の炭素繊維強化プラスチックスは硬く縫製不可能。縫い目強さを持ち、縫製できる柔軟性樹脂加工したクロスであること。 3.炭素繊維としての特性(高強度、伸びにくい、軽量、耐熱性、等)を活用した小型商品を開発すること。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ソフトコンポジット化により可縫性は得たが、3次元曲面への加工性が今後の課題であり、解決されると商品カテゴリーが拡大する。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

ソフトコンポジットの軽くて耐久性があり、燃えにくいという機能性を前面に打ち出した生活者の商品をデザインした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

ソフトコンポジットのハイテク美と伝統工芸の融合、コラボレーションを産業化実現し、製品化していくこと。

'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿