2013年5月16日木曜日

CentOS5.3にconcrete5をインストール - OSS memo

CentOS5.3にconcrete5をインストール - OSS memo:

CentOS5.3にconcrete5をインストール

直感的な操作でサイト構築可能なCMS、concrete5をCentOS5.3にインストールする手順です。

事前準備

パッケージ追加

yumでconcrete5が依存する以下のパッケージ追加を行います。
[root@localhost ~]# yum install httpd mysql-server php php-mysql php-gd php-mbstring

Firewall Configuration

FirewallとSELinuxはインストール直後の状態ではconcrete5のインストールに支障が出るので、適切に設定するか、無効化しておきます。
勿論、適切に設定した方が良いのですが「取り敢えず」ということであれば、setupコマンドのFirewall configurationからSecurity LevelをDisabledに、SELinuxをPermissiveに変更しておきます。

php.ini設定

/etc/php.iniで下記設定を行います。
default_charset = UTF-8
mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8

MySQL設定

/etc/my.cnfに下記設定を行います。
[mysql]
default-character-set=utf8

[mysqld]
default-character-set=utf8
character_set_server=utf8
skip-character-set-client-handshake

サービス開始

httpdとmysqldを開始します。
[root@localhost ~]# service httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
[root@localhost ~]# service mysqld start
MySQL を起動中:                                            [  OK  ]

DB作成

concrete5用のDBを作っておきます。
webmin使うと分かり易くて楽です。

ダウンロード

concrete5日本語版ダウンロード」からダウンロードします。

インストール

ダウンロードしたzipファイルを/var/www/html へ展開
[root@localhost html]# unzip concrete5.3.1.1.ja.zip
名前変更(任意)
[root@localhost html]# mv concrete5.3.1.1.ja concrete5
オーナー変更
[root@localhost html]# chown -R apache: concrete5
Webブラウザでインストールしたマシンにアクセス(http://localhost/concrete5/ とか)し、画面の指示に従います。

'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿