2013年5月31日金曜日

白熱する炭素繊維のシェア争い、戦略の違いが明らかに|マクロ経済のブログ

白熱する炭素繊維のシェア争い、戦略の違いが明らかに|マクロ経済のブログ:

2013-02-01 02:13:30 
テーマ:
マクロ経済のブログ

マクロ経済のブログ


航空機やプラント施設だけでなく、自動車やスポーツ用品にも市場が拡大する炭素繊維。世界最大手の東レ(3402)は高価格路線で「普及より高収益」を追求してきた。

一方で帝人(3402)や三菱ケミカルHD(4188)傘下の三菱レイヨンは「低コストでの普及」で攻勢に動き出した。その主戦場が自動車市場だ。炭素繊維で世界シェアの7割を占める日本勢3社は価格戦略を巡って激しい攻防に突入した。

「本当に採算がとれるのか」。帝人が2012年発表した米自動車大手、ゼネラル・モーターズ(GM)への炭素繊維供給に市場関係者は驚きを隠さない。GMは「1台200万~300万円程度の量販車で炭素繊維の使用を検討している」(証券アナリスト)との噂が流れているのだ。

炭素繊維は鉄の10倍の強度があるが、1キロ当たりの価格は鉄やアルミニウムの10~30倍する。

先行する東レの炭素繊維は高級車だけに供給する。同社の炭素繊維を採用するのはメルセデス・ベンツSLクラス(1台1190万~3050万円)などだ。

ある自動車大手の設計者は「200万円台の量販車では高価な炭素繊維など使えないのに」と首をひねる。車体の上部に炭素繊維を使えば走行の安定性は向上する。ただ、炭素繊維を使う複合材料は1平方メートル(厚さ1ミリ)あたり2万円程度で、金属材料の同1千~2千円と比べ桁違いに高い。

実はGMの採用の裏には炭素繊維の仕様を巡る日本勢の2大陣営の戦いがある。世界シェアは東レが4割を占め、帝人と三菱レイヨンは合計で3割程度とみられる。「高級志向の東レの牙城を崩すには、帝人と三菱レイヨンは低価格化に活路を見出し始めた」。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の仲田育弘シニアアナリストは指摘する。

炭素繊維はプラスチックで周囲を固める技術が鍵を握る。帝人は冷却すれば固まるプラスチックを採用。従来は10分はかかったとみられるが、11年には1分以内で成形が可能になった。単純計算で1製品の固定費を10分の1に削減できる。

三菱レイヨンの越智仁社長も「普及できる価格まで下げるには、冷却で固まるプラスチックの採用が有効だ」と話す。

一方、東レは熱を加えて固まる「熱硬化性」のプラスチックを使用。織物にした炭素繊維を金型に入れて樹脂を流し込むので、成形に5~10分かかるとみられる。冷却タイプに比べ耐熱性や衝撃強度は高い。

東レは航空機や高級車市場でシェアを広げ、炭素繊維部門の利益率は2桁を確保してきた。15年までに内外に600億円の設備増強を計画し、「安売りするつもりはない」(大西盛行専務)という。昨年1年間で2~3割下落した糸の国際価格も引き上げを目指す。

低価格による量販と高級路線――。日本勢の価格戦略は分かれており、3社の攻防が国際価格も左右しそうだ。

▼炭素繊維とは  特殊なアクリル繊維を高温で焼いてつくる真っ黒な繊維。鉄に比べて重さが4分の1で、強度は10倍。樹脂を混ぜた複合材料として使う。欧米企業が相次ぎ撤退するなか、日本企業は1970年代から開発を継続。現在、東レや帝人、三菱レイヨンの3社で世界シェア7割を占める。

釣りざおや、ゴルフシャフトなどスポーツ用品から利用が始まった。需要が急拡大しているのが航空機で、米ボーイングの新型中型旅客機「787」では重量ベースで機体の半分に使われ、2割の燃費改善に役立った。2010年の世界需要は3万トンで、今後は自動車や風力発電で採用が進み、15年には7万トンまで膨らむ見通し。

'via Blog this'

設計プロセスとデザインレビュー

設計プロセスとデザインレビュー:

設計プロセスとデザインレビュー


デザインレビュー(DR)の基本ならびに設計開発プロセス全体から見たデザインレビューの位置づけについて解説します。また設計の妥当性確認との関係について補足します。

デザインレビューとは
設計開発の各段階の具体的なDR
DRと設計検証/設計の妥当性確認の関係
おわりに/参考・引用文献

デザインレビューとは




デザインレビュー(Design Review、以後DR)とは、製品ならびにその生産から廃棄に至るライフサイクルの設計計画のアウトプットとその導出プロセスに対して、機能、性能、安全性、信頼性、操作性、デザイン、生産性、保全性、廃棄性、コスト、法令・規制、納期などの顧客要求や設計開発目標に関わるすべての品質特性の見地から、妥当性の評価ならびに問題点の摘出を行い、次の設計開発のステップへ移行できるかどうかを判断する組織的活動です。
DRは、設計審査というニュアンスだけでなく、組織全体で設計計画の質を高めるための活動として広く認識されています。DRの“デザイン”とは、狭義の製品設計ではなく、商品企画から製品設計を経て生産準備、販売サービスに至る各段階の計画内容のアウトプットと、それを導出する業務プロセスを指します。一方“レビュー”は、審査、再検討、振り返りを行なうという意味をもちます。
DRは、ひとによって様々な解釈がされていますが、主に以下のような種類が挙げられます。

タイプ1:発注者から受ける審査
タイプ2:開発プロセスの移行審査、承認
タイプ3:計画の評価、問題点抽出の組織的活動
タイプ4:主に部内で非公式に行なわれる技術的検討

タイプ1は、製品やシステムの発注者が発注仕様書をもとに製品設計や開発段階の問題点とその対策を確認する会議[1]であり、製品やシステムの受注者が主催します。このタイプのDRは、古くから米国において航空機、宇宙、兵器システムのような複合度の高いシステムの発注者が受注者に義務付けて行なわれており、日本においても自動車部品の受発注などの垂直的な契約関係においてしばしば適用されています。

タイプ2は、商品企画、製品企画、製品設計、生産準備などの各設計開発段階の最終時点で、その段階で行なわれた計画業務が開発目的に適合していることを確認、承認し、次の段階に移行することを決定する会議です。営業、設計、生産技術、品質保証、購買、製造などその製品のライフサイクルに関わる全ての部署が参画し、機能、性能、コスト、法令・規制などの要求仕様を満たし、信頼性、安全性などの様々な問題点に対する予防処置が適切に実施されていることを確認します。このDRは開発管理上重要なマイルストーンになる会議であり、会議の目的上、審査のニュアンスが強いものです。

タイプ3は、商品企画、設計から生産、保守・サービスに至るまでの各設計開発段階の途中において、区切りのよいタイミングで専門家を集め、各段階の設計計画内容の問題点の摘出と対策可否検討を行なう会議です。このDRでは、審査色の強いタイプ2のDRと異なり、品質、安全性、操作性、コストなど、それぞれの領域の専門家ならびに組織全体のノウハウを活用して徹底的に問題点の洗い出しを行います。したがって設計計画のアウトプットの質をつくりこむことに大変重要な役割を果たすDRです。また、このDRでは、設計計画のアウトプットの導出過程(例えば、設計計算の進め方や試験計画立案方法など)についても、問題点や抜けがないかどうかチェックします。なおタイプ3のDRは、フォーマルデザインレビュー(FDR)[2]と呼ばれることもあります。

タイプ4は、主に設計開発の業務担当者が所属する部内で、都度非公式に開催される技術検討会です。このDRは、他のDRと異なり開発計画において公式に準備されることはなく、必要に応じて少人数の関係者で適宜開催されます。またタイプ3のように専門家を正式に招集するものでありませんが、業務担当者が、自発的に部課内の有識者を集めて、設計計画の進捗に応じて適時助言をもらう会議で、早期に問題点を摘出し対策を打つために必要不可欠な小集団活動です。このタイプは、正式にDRと呼ぶものではないかもしれませんが、インフォーマルデザインレビュー(IDR)[2]と呼ばれることもあります。

設計開発の各段階の具体的なDR




設計トラブルが発生すると、その原因として、しばしば設計管理、特にDRの進め方のまずさが指摘されます。しかし実際にはDRの質の問題ではなく、DR以前の設計計画の進め方に致命的な原因、反省点があるものも少なくありません。たとえ優れたDR運営ができていてもDRへのインプットがひどければ、DRでの改善にも限界があります。したがってDRで討議する内容・範囲と、DRでは深い討議はせず詳細は設計者自身が責任をもって細かくセルフレビューしておく内容を分け、設計者自らがメリハリをつけてデザインレビューに臨むことが重要です。
ここでは、量産品の設計開発を仮定し、図1に例示する設計開発フローの概略ならびにDRに沿って、設計計画でやるべきこととDRで実施すべきことの要点を述べます。なお、図1のフローは、詳細をかなり割愛した簡略的なものであり、また一品物の開発やアプリケーションソフトの開発では色々と異なる部分もあるが、厳密な部分は、紙面の都合で割愛させて頂くことをご容赦ください。また各フロー内のDRは、開発製品の新規性や重要度の大きさによって、選択的に実施されることもご留意ください。
図1 開発フロー例

'via Blog this'

三菱重工,コスト40%ダウンできる次世代の航空機向けCFRPを開発 - 産業機器・部材 - Tech-On!

三菱重工,コスト40%ダウンできる次世代の航空機向けCFRPを開発 - 産業機器・部材 - Tech-On!:
連鎖硬化ポリマー
'via Blog this'

【人とくるまのテクノロジー展】「熱可塑性樹脂を使ったのは量産性を意識してのこと」,東レの自動車向けCFRP戦略 - 産業動向 - Tech-On!

【人とくるまのテクノロジー展】「熱可塑性樹脂を使ったのは量産性を意識してのこと」,東レの自動車向けCFRP戦略 - 産業動向 - Tech-On!:

【人とくるまのテクノロジー展】「熱可塑性樹脂を使ったのは量産性を意識してのこと」,東レの自動車向けCFRP戦略

2009/06/01 16:44
高野 敦=日経ものづくり
ブックマーク
印刷用ページ
CFRTPのプレス品
CFRTPのプレス品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
CFRTPの射出成形品
CFRTPの射出成形品
[クリックすると拡大した画像が開きます]
CFRTP成形品の概要
CFRTP成形品の概要
[クリックすると拡大した画像が開きます]
 東レは,熱可塑性樹脂を母材に用いた炭素繊維強化樹脂(CFRP)の成形品を「人とくるまのテクノロジー展 2009」に出展していた(関連記事1)。同社は従来,熱硬化性樹脂を母材に用いた成形品の技術発表や展示を行っていたが,サイクルタイムの点で「量産に向くのは熱可塑性樹脂」(同社の説明員)。今後は,熱可塑性樹脂を用いたCFRPの研究開発を積極的に進めていくという。
 前述の通り,CFRPには,母材に熱可塑性樹脂を用いるタイプ(CFRTP)と,熱硬化性樹脂を用いるタイプ(CFRTS)がある。現在,航空機や一般産業などの分野で使われているCFRPのほとんどは,母材に熱硬化性のエポキシ樹脂を用いたCFRTSである。
 CFRTSの欠点は,サイクルタイムが長いことだ。東レは,型内に炭素繊維基材を置いて樹脂含浸後に硬化させるRTM(Resin Transfer Molding)法をベースに,CFRTSの高速成形法である「ハイサイクル一体成形」を日産自動車などと共同で開発。従来は2~3時間だったサイクルタイムを10分に縮め,実際にドアインナーパネルやプラットフォームのフロントフロアの成形品を試作した(関連記事2関連記事3)。
 しかし,量産車のサイクルタイムは一般に1~2分である。台数の出る車種では,1分を切ることも少なくない。前出のハイサイクル一体成形においてそこまでサイクルタイムを縮めるのは非常に難しいだろうと,同社の説明員は語る。
 そこで,プレス加工や射出成形などサイクルタイムが短い成形法が使えるCFRTPが浮上してくる。だが,CFRTPにも欠点がある。炭素繊維と樹脂の接着性が,現時点ではCFRTSに劣ることだ。今回,東レはCFRTPの母材にPPS(ポリフェニレン・サルファイド)を用いているが,今後もさまざまな種類の母材を試したり,基材の構造を工夫したりすることによって,安定した接着性を得られるようにしていくという。裏を返せば,エポキシ樹脂を用いたCFRTS並みの接着性を得られるようになれば,CFRTP普及への道が一気に開けることになる。
 また,CFRTSにないCFRTPの利点は,自動車向けのCFRP成形品を再び自動車向けにリサイクル材として利用できる可能性が高いことである。東レなどの炭素繊維メーカー各社は共同で,CFRP成形品を粉砕・熱分解した上で,繊維長が1mm未満と短い「ミルド」と呼ばれる射出成形用のリサイクル材にする研究を進めている。自動車は破砕くず(シュレッダダスト)のリサイクル率を決められた水準以上にすることが,法律(自動車リサイクル法)によって求められているので,リサイクルできない材料を自動車メーカーは本格的に採用しないだろう。その点,CFRTPの射出成形が広く採用されれば,CFRTPのマテリアル・リサイクルの可能性も見えてくる。

'via Blog this'

ご挨拶/ストックナビ・クラブ

ご挨拶/ストックナビ・クラブ:

'via Blog this'

株の達人Ver7 | チャート分析ソフト「株の達人」のご紹介 | 株の達人

株の達人Ver7 | チャート分析ソフト「株の達人」のご紹介 | 株の達人:

'via Blog this'

初級シスアド講座 システム開発技法 スパイラルモデル

初級シスアド講座 システム開発技法 スパイラルモデル:

スパイラルモデル

スパイラルモデルは、ウオーターフォールモデルとプロトタイプモデルの開発技法を合わせたものである。独立性の高いサブシステムに分割し、サブシステム単位にプロトタイプモデルを作成する。大規模なシステム開発に向いている開発技法である。
●スパイラルモデル

プロトタイプモデルとスパイラルモデルの違い

スパイラルモデルは、ウォーターフォールモデルとスパイラルモデルの開発技法の両方を使う開発モデルである。このためプロトタイプモデルとスパイラルモデルの違いが分かりにくい。
プロトタイプモデルとスパイラルモデルの大きな違いは、プロトタイプモデルは、プロトタイプ(試作品)に修正を加えていき完成させる。スパイラルモデルは、システムをいくつかのサブシステムに分け、サブシステムをウォーターフォールモデルで開発する。完成したサブシステムは、プロトタイプとしてユーザーに評価してもらうことができる。これを繰り返してシステムを拡張していくところである。
プロトタイプモデルとスパイラルモデルの違い
プロトタイプモデルの開発イメージ スパイラルモデルの開発イメージ 
'via Blog this'

2013年5月27日月曜日

為替王 : 今日のポジション(5/27) 反落(円高)続く? - ライブドアブログ

為替王 : 今日のポジション(5/27) 反落(円高)続く? - ライブドアブログ:

'via Blog this'

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する│研究員の眼│ニッセイ基礎研究所

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する│研究員の眼│ニッセイ基礎研究所:

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する

2013/01/28
伊藤 拓之
金融研究部門
電話番号:03-3512-1855 
e-mail:hitoh@nli-research.co.jp

研究員の眼2013年01月28日

全文ダウンロード(177KB)
前回の「投資の法則は変化したか(1)月次効果アノマリー(1月効果等)を再検証する」に引き続き、今回は曜日にまつわるアノマリーについて検証してみた。株式市場では曜日に関して、「月曜日の株安」や「週末の株高」などよく聞かれる。アノマリー(Anomaly)は前回紹介したが、合理的には説明できないがよく当たる経験則のことである。
前回紹介した月次効果アノマリーと同様に、株式市場(日本:TOPIX、米国:S&P500)、為替市場(ドル円)、債券市場(10年金利)の過去30年分(1983年~2012年)の日次収益率(債券は10年金利変化幅)を用いて、曜日に関する季節性アノマリーを検証した。
株式市場についてみると、日本では月曜日の収益率が低い「月曜日の株安」現象は観測されるが、過去10年では収益率は負ではあるものの軽微なものとなっている。他方、木曜日以降の収益率を見ると確かに高く「週末の株高」は観測されるが、直近10年について金曜日の収益率が負となっている。このように曜日に関するアノマリーは直近の10年についてはその効果が薄れてきていると言えよう。
 米国株式市場でも、「Weekend Effect」や「Day of the Week Effect」と呼ばれ、週末の収益率は他の曜日に比べて高く、月曜日は低いと報告されている。確かに月曜日の収益率は他の曜日に比べて低いものの、週末金曜日の収益率は必ずしも高いと言えず、火曜日や水曜日で高い収益率が観測された。
TOPIXの曜日別収益率/S&P500の曜日別収益率
為替市場では月曜日の円安、火曜日から木曜日にかけての円高が観測されたが、直近10年については月曜日の円高、木曜日の円安が観測されている。債券市場では月曜日に金利上昇が観測され、水曜日以降週末にかけて金利低下が観測された。
為替(ドル円)の曜日別収益率/債権10年金利の曜日別金利変化幅
曜日効果に関するアノマリーについては、通常言われていたアノマリーとは逆の現象も直近では観測されている。アノマリーは合理的には説明できないがよく当たる経験則にすぎず、多くの投資家が利用し始めると高い収益率を得られる機会が消失してしまい、アノマリーではなくなってしまう。アノマリーを利用した投資戦略も考えられるが、利用するには常に観測され続けている現象であるか定期的に検証することが必要となろう。

'via Blog this'

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する│研究員の眼│ニッセイ基礎研究所

投資の法則は変化したか?(2)-曜日効果アノマリー(月曜効果等)を再検証する│研究員の眼│ニッセイ基礎研究所:

'via Blog this'

シーエムシー出版/商品一覧ページ

シーエムシー出版/商品一覧ページ:

'via Blog this'

JMA日本能率協会 ~研究・開発・設計・技術部門向け人材研修/各種技術シンポジウムのご案内~

JMA日本能率協会 ~研究・開発・設計・技術部門向け人材研修/各種技術シンポジウムのご案内~:

'via Blog this'

シーエムシー出版/TOPページ

シーエムシー出版/TOPページ:

'via Blog this'

2013年5月24日金曜日

みんかぶポートフォリオ 売買予想 上位 100社 - みんなの株式 (みんかぶ)

みんかぶポートフォリオ 売買予想 上位 100社 - みんなの株式 (みんかぶ):

'via Blog this'

9437: エヌ・ティ・ティ・ドコモ (NTTドコモ) の 株価 予想 分析結果 - みんなの株式 (みんかぶ)

9437: エヌ・ティ・ティ・ドコモ (NTTドコモ) の 株価 予想 分析結果 - みんなの株式 (みんかぶ):

'via Blog this'

プログラミング言語 - Pythonのオープンソースは364件! MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア、ITニュースを毎日紹介するエンジニア、デザイナー向けブログ

プログラミング言語 - Pythonのオープンソースは364件! MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア、ITニュースを毎日紹介するエンジニア、デザイナー向けブログ:

Emte Trading」


'via Blog this'

GitHub - Wikipedia

GitHub - Wikipedia:

'via Blog this'

2013年5月23日木曜日

JSW日本製鋼所:製品情報:クラッド鋼板:製造可能寸法表

JSW日本製鋼所:製品情報:クラッド鋼板:製造可能寸法表:

'via Blog this'

製品紹介

品      名:レシ-バタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI
最高使用圧力:1.8MPa
容      量:18.0m3
材      質:SS400
品      名:レシ-バタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI
最高使用圧力:5.0MPa
容      量:14.0m3
材      質:SPV355
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI
最高使用圧力:1.0MPa
容      量:50.0m3
材      質:SS400
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI回転機械
最高使用圧力:5.0MPa
容      量:25.0m3
材      質:SPV355
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI回転機械
最高使用圧力:5.0MPa
容      量:28.0m3
材      質:SPV355
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI回転機械
最高使用圧力:1.0MPa
容      量:14.0m3
材      質:SS400
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI回転機械
最高使用圧力:0.9MPa
容      量:20.0m3
材      質:SS400
品      名:水素バッファータンク
構 造 規 格:高圧ガス特定設備
発 注 者 名:株式会社 加地テック
最高使用圧力:2.7MPa
容      量:6.0m3
材      質:SUS304
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 加地テック
最高使用圧力:5.0MPa
容      量:10.0m3
材      質:SPV355
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 加地テック
最高使用圧力:5.0MPa
容      量:15.0m3
材      質:SPV355
品      名:レンダリングクッカー
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:太田油脂産業株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:32.0m3
材      質:SS400
品      名:クッカー
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:太田油脂産業株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:12.0m3
材      質:SUS304
品      名:泡原液槽
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:能美防災株式会社
最高使用圧力:1.4MPa
容      量:2000L
材      質:SS400
品      名:球形タンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:能美防災株式会社
最高使用圧力:1.4MPa
容      量:1600L
材      質:SB410
品      名:コイルドライヤー
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:太田油脂産業株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:14.0m3
電 熱 面 積:128.0m2
材      質:SUS304
品      名:コイルドライヤー
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:三菱長崎機工株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:10.0m3
電 熱 面 積:74.0m2
材      質:SUS304
品      名:Arガスバッファ-タンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:大陽日酸株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:12.0m3
材      質:SUS304
品      名:レンダリングクッカー
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:釧路技研株式会社
最高使用圧力:
容      量:12.0m3
材      質:SUS304
品      名:齢化釜
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:共和技研工業株式会社
最高使用圧力:1.0MPa
容      量:8.0m3
材      質:SB410
品      名:酸素バッファータンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 巴商会
最高使用圧力:1.0MPa
容      量:5.0m3
材      質:SUS304
品      名:クラッチドア
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:パーカー熱処理工業株式会社
最高使用圧力:
容      量:
材      質:SUS304
品      名:レシーバタンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社 IHI回転機械
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:20.0m3
材      質:SS400
品      名:泡原液槽
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:能美防災株式会社
最高使用圧力:1.37MPa
容      量:1200L
材      質:SS400
品      名:ディスクドライヤー
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:釧路技研株式会社
最高使用圧力:0.6MPa(シャフト側)
:0.19MPa(ジャケット側)
容      量:1.9m3(シャフト側)
電 熱 面 積:120.0m2
材      質:SUS304,SS400
品      名:煮蒸釜
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:エコマテリアル株式会社
最高使用圧力:3.0MPa(本体側)
:1.0MPa(ジャケット側)
容      量:3.0m3(本体側)
:0.71m3(ジャケット側)
材      質:SPV355
品      名:泡原液槽
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:能美防災株式会社
最高使用圧力:1.37MPa
容      量:3000L
材      質:SS400
品      名:泡原液槽
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:能美防災株式会社
最高使用圧力:1.57MPa
容      量:4200L
材      質:SS400
品      名:熱交換器
構 造 規 格:高圧ガス特定設備(第一種)
発 注 者 名:株式会社サクション瓦斯機関製作所
最高使用圧力:1.7MPa(胴側)
:0.7MPa(管側)
容      量:0.85m3(胴側)
:0.07m3(管側)
材      質:SB410SR
品      名:加熱器(3台)
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:エコマテリアル株式会社
最高使用圧力:3.0MPa(本体側)
:1.0MPa(ジャケット側)
容      量:12.2m3(本体側)
:2.35m3(ジャケット側)
材      質:SPV355+SUS316L(クラッド鋼)
:SS400,SUS304
品      名:シャフト
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:太田油脂産業株式会社
最高使用圧力:0.7MPa
容      量:7.0m3
材      質:SPV355,STPT370S
品      名:N2タンク
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:株式会社ブリヂストン
最高使用圧力:0.96MPa
容      量:7.0m3
材      質:SS400
品      名:加熱器
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:エコマテリアル株式会社
最高使用圧力:3.0MPa(本体側)
:1.0MPa(ジャケット側)
容      量:5.0m3(本体側)
:0.65m3(ジャケット側)
材      質:SPV355,SS400,SUS304
品      名:蒸気ヘッダ
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:エコマテリアル株式会社
最高使用圧力:3.0MPa
容      量:0.098m3
材      質:SB410SR,STPG370S,S25C
品      名:8m3クッカー
構 造 規 格:第二種圧力容器
発 注 者 名:東光油糧株式会社
最高使用圧力:大気圧(本体側)
:0.7MPa(ジャッケット側)
容      量:8.86m3(本体側)
:1.38m3(ジャケット側)
材      質:SS400,SUS304,STPG370S
品      名:加熱器(2台)
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:エコマテリアル株式会社
最高使用圧力:3.0MPa(本体側)
:1.0MPa(ジャケット側)
容      量:13.0m3(本体側)
:2.35m3(ジャケット側)
材      質:SPV355+SUS316L(クラッド鋼)
:SS400,SUS304
品      名:加熱器
構 造 規 格:第一種圧力容器
発 注 者 名:竹田工業株式会社
最高使用圧力:0.5MPa(本体側)
:0.7MPa(ジャケット側)
容      量:8.65m3(本体側)
:1.33m3(ジャケット側)
材      質:SUS304


'via Blog this'