2013年4月25日木曜日

Pichori HONDA

Pichori HONDA:

本田宗一郎は何よりも独創を重んじ、物まねを嫌いました。一番怒ったのはほかの会社のまねをしたり、他人を言い訳に使ったときです。
技術においても経営においても、創造力こそカの源泉であり、創造力は見果てぬ夢から生まれます。夢を捨て、失敗を恐れたときの人間は創造力が乏しい。
   
'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿