2013年4月17日水曜日

Google 翻訳

Google 翻訳:


 12。 典型的なヒエロニムス検出
TYPICALヒエロニムス検出器
     1949年にトーマス·G.ヒエロニムスが特許を取得しヒエロニムス·デバイスでは、そのようなデバイスです。 それは、波を通過させ、粒子を認めないプリズムを光フロントエンドを有している。 だからフロントエンドに入る波がプリズムを通過しますと波の周波数に依存する角度で屈折する。 遮光として働く周囲の箱、内側に、小さなチューナー、ロッドはプリズムからの様々な屈折の角度を通って移動することができるよう、回転可能な車輪に装着少し銅棒です。 プリズムは、ビューのごく狭いとフィールドはボックスの外部に存在するように、薄い壁にスリットを箱に取り付けられている。 チューナーロッドは、各ステージを別々に光電子が波として行動することであった場合は、2つのスリット実験装置であるため同様の要件のため、非常に興味深いですに対して遮蔽されている三段のRFアンプの入力に配線されている。 RFアンプの出力は箱から出て二つの平行なプラスチック板との間のワイヤの平面コイルで終了する。 
プリズムのスリットを通して箱に入ってくる、単一国家主体とデュアル状態エンティティまたはquitonsがある場合もあります。 物理学者は、デュアル状態のエンティティの良い名前を持っていない。 彼らはwavicles呼ばれて、今日は波束の話。 しかし、すべての後に波束です? それは、二次元の波の三次元束です! だから物理学者は今日デュアル状態wavicleのアイデアを隠されている場所です。 
シングル状態の波とデュアル状態エンティティまたはquitonsだけがプリズムを通過することができ、周波数に依存する角度で屈折する。 私たちはその後、屈折の正しい角度にロッドを調整するF、屈折quitonsは、それらの周波数はquitonsの周波数に一致するように起こる必要がある場合、単一の状態の波を行う、それをヒット。 今では銅棒に当たったとき、単一の状態の波は死ぬ、それは銅の結晶粒から単一電子または2つが欠けかもしれませんが、とにかく、RFアンプの検出閾値以下熱雑音の中で失われている。 quitonsしかし、単に"ああ!今、あなたは私たちが赤血球電子のように行動したい、とそれらの配線と導通経路を通過します。大丈夫だね、それは単に私たちの右側にある"と言う。 だからquitonsは普通の電子が行うのと同じように正確に、通過され、増幅される。 エネルギーのアナログのために、私たちはそれanenergy呼びましょう-しかし、今、それは電子エネルギーではない、それはエネルギーのデュアル状態アナログである。 (ヒエロニムスは、それが電子の流れとして、あるいは光波として作用することができるので、elopticエネルギーと呼ばれますが、どちらも排他的であった。)増幅anenergyワイヤのコイルに出てくる、それはフィールドが生成され、それが磁場ではなく、そのため、通常の実験室の装置に測定することができない。 anenergyフィールドを検出するための最も簡単な方法は、人間の体は、我々は現代の電気と磁気の楽器を持っていた長い前に、RFエネルギー、周波数変調、およびanenergyについて知っていたので、人間の感覚システムを使用することです。 (anenergyの使用は、鍼、独特のタイプのエネルギー状体におけるものの流れ、身体の特定のポイントと構造で、それが他のエネルギーと対話することができるという事実を扱う非常に古代の医療システムによって示されているフィールド。) 
我々はanenergyフィールドを感知しないことができると信じて今ならば、我々はできません。 私たちは無意識の心と身体に全体エネルギー検出システムをオフにすることができます。 負のpsiの効果は超心理学ではよく文書化効果である。 ヤギと同様、羊があります。 一部の人は、おそらくできるようになるチャンスもPSIのテストに悪化行う。 彼らはヤギです。 彼らは無意識のうちに、彼らはPSIが動作しないので、彼らは偶然によって可能であるより悪い行いpsiの効果を使用することをお見せしたいために、負のpsiの効果を示す。 
いずれにせよ、人間の知覚システムは、ヒエロニムス·マシンの出力の線のフラットコイルが発生anenergyフィールドからうずきを得ることができます。 何ゾクゾク1の種類が取得することは身体感覚のチューニングの自分のタイプに依存します。 プラスチック板上に指が太いシロップにいるかのように感じるかもしれません。 またはあるかのようにプラスチック板が振動しました。 それとも、独特の方法で、脂っこい感じるかもしれません。 と負の人は全然ゾクゾクを取得しません。 
ヒエロニムスマシンは多くの人によって建てられ、それが負ではない人のために働きました。 それは二重の状態で存在するエンティティを処理するか、それは論理の第四の法則に従う。 我々はそれに私たちの心を設定した場合、我々は、これらのデュアル状態nonthings、これらのささやきといくつかのほとんど魔法のことを行うことができます。 これはサイコトロニクスがすべてに約ある

'via Blog this'

0 件のコメント:

コメントを投稿