2012年7月27日金曜日

SQL Server Native Client のインストール

SQL Server Native Client のインストール:

'via Blog this'

モヤタノート : PacketiX VPNのオープンソース版UT-VPNでVPNによる自宅LANへのリモートアクセス

モヤタノート : PacketiX VPNのオープンソース版UT-VPNでVPNによる自宅LANへのリモートアクセス:



UT-VPNをインストールしたLinuxサーバー(CentOS 5.5 i386)のOSインストール時のオプションは以下。
  • デスクトップ(GNOME)
  • ベースシステム(X Window System、ベース)
インストール時の記録。必要な作業は、ダウンロードファイルの「UT-VPN_Startup_Guide_for_UNIX.pdf」に記載されている。ライブラリの不足でエラーになったため、下記の3パッケージをyumコマンドで追加した。
  • readline-devel
  • openssl-devel
  • ncurses-devel
#wget 'http://utvpn.tsukuba.ac.jp/files/utvpn/v1.01-7101-public-2010.06.27/Source%20Code%20(Win32%20and%20Unix)/utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.0 6.27.tar.gz'
#tar xzf ./utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.06.27.tar.gz
#cd ./utvpn-unix-v101-7101-public
#./configure
-------------------------------------------------------------
SoftEther UT-VPN for Unix

Copyright (C) 2004-2010 SoftEther Corporation.
Copyright (C) 2004-2010 University of Tsukuba, Japan.
Copyright (C) 2003-2010 Daiyuu Nobori. All Rights Reserved.

This program is free software; you can redistribute it and/or
modify it under the terms of the GNU General Public License
version 2 as published by the Free Software Foundation.
-------------------------------------------------------------
Please select your Operating System below:
 1: Linux
 2: FreeBSD
 3: Solaris
 4: Mac OS X

Which is your operating system (1-4): 
1

Please select your CPU Bits below:
 1: 32-bit
 2: 64-bit

Which is the bits of your CPU (1-2): 
1

Makefile is generated. Please execute 'make' to build UT-VPN.
#make
--snip--
./src/Mayaqua/Mayaqua.h:219:31: error: readline/readline.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
./src/Mayaqua/Mayaqua.h:220:30: error: readline/history.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
make: *** [tmp/objs/Mayaqua/Cfg.o] エラー 1

#yum search readline
#yum list readline*
#yum install -y readline-devel

#make
--snip--
/usr/bin/ld: cannot find -lssl
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [output/ham/ham] エラー 1

#yum search ssl
#yum list openssl*
#yum install -y openssl-devel

#make
--snip--
/usr/bin/ld: cannot find -lncurses
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [output/ham/ham] エラー 1

#yum search ncurses
#yum list ncurses*
#yum install -y ncurses-devel
#make
--snip--
#make install
--------------------------------------------------------------------
Installation completed successfully.

Please execute 'utvpnserver start' to run UT-VPN Server Background Service.
Or please execute 'utvpnclient start' to run UT-VPN Client Background Service.
And please execute 'utvpncmd' to run UT-VPN Command-Line Utility to configure UT-Server or UT-VPN Client.
--------------------------------------------------------------------
自動起動の設定。
#vi /etc/init.d/utvpnserver
--------------------------------------------------------------------------------
#!/bin/sh
# chkconfig: 2345 99 01
# description: UT-VPN Server
DAEMON=/usr/bin/utvpnserver
LOCK=/var/lock/subsys/utvpnserver

test -x $DAEMON || exit 0

case "$1" in
start)
    $DAEMON start
    touch $LOCK
    ;;
stop)
    $DAEMON stop
    rm $LOCK
    ;;
restart)
    $DAEMON stop
    sleep 3
    $DAEMON start
    ;;
*)
    echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
    exit 1
esac
exit 0
--------------------------------------------------------------------------------
#chmod 755 /etc/init.d/utvpnserver
#chkconfig --add utvpnserver
#chkconfig utvpnserver on
#service utvpnserver start
起動。
#service utvpnserver start
SoftEther UT-VPN Server Service Started.
UT-VPN Server Managerで仮想HUB、ユーザー・グループの作成。
仮想HUBに、「ローカルブリッジ」を設定。
utvpnsmgr

特に記載しないが、リモートアクセスを行うためには、別途、以下のような作業が必要である。
  • PCにUT-VPNクライアントをインストール。
  • 自宅などのブロードバンドルーターにUT-VPNサーバーへのNAT設定。



'via Blog this'

窓の杜 - 【REVIEW】無償で使えるPCの統合メンテナンスソフト「Advanced SystemCare Free」

窓の杜 - 【REVIEW】無償で使えるPCの統合メンテナンスソフト「Advanced SystemCare Free」:

'via Blog this'

Download: Microsoft SQL Server 2008 R2 - 管理ツール - Microsoft Download Center - Download Details

Download: Microsoft SQL Server 2008 R2 - 管理ツール - Microsoft Download Center - Download Details:

Microsoft SQL Server 2008 Management Studio Express 


'via Blog this'

2012年7月26日木曜日

SQL Server 2008 Express にリモート接続

SQL Server 2008 Express にリモート接続:


SQL Server 2008 Express にリモート接続

SQL Server 2008 Express は、標準設定のままだと別のPCから接続することができません。SQL Server 2008 Management Studio Express (SSMSE) を使用してリモート接続の許可をしてやるとともに、SQL Server 構成マネージャを使ってプロトコルの設定をしてやる必要があります。SQL Server 構成マネージャでの設定の方法は2通りあって、一つは、SQL Serverが標準で使っている固定ポートを使用する方法と、もう一つは、動的ポートを使用し SQL Server Browser を有効にして外部からの接続にポートを教えてやって接続できるようにする方法です。個人が使う範囲ではどちらを使ってもいいのですが、ファイアーウォールの設定を必要とする場合には、固定ポートを使用した方がポート番号の設定が簡単になります。
1.リモート接続の許可
インストールの設定によっては、標準設定でリモート接続が許可されている場合がありますが、確認のため以下の操作をします。SSMSE で管理者権限のあるユーザーでログインし、オブジェクトエクスプローラでサーバーを右クリックして、プロパティを選択します。「サーバーの プロパティ」ダイアログが表示されるので、ページの選択で「接続」を選択します。下の図の画面が表示されるので、リモートサーバー接続で、「このサーバー へのリモート接続を許可する」にチェックがついていない場合は、チェックをします。

'via Blog this'

PostgreSQL - general - Free Tool to design Postgres Databases

PostgreSQL - general - Free Tool to design Postgres Databases:

'via Blog this'

linuxでcpコマンドでコピーする際、上書き確認なく全て上書きしたいときのメモ - うさみ日記

linuxでcpコマンドでコピーする際、上書き確認なく全て上書きしたいときのメモ - うさみ日記:

'知らなかった!OSによっては
# cp -f 元のファイル 先のファイル
ではできなくて、
# \cp -f source target
にしないといけないんだね。
ディレクトリごとだと
# \cp -rf source target
だよ。
あ、実際はエンマークはバックスラッシュだけども。
ためになった!



via Blog this'

Windows Server 2003 用および Windows XP 用の Windows PowerShell 1.0 ローカライズ版インストール パッケージ

Windows Server 2003 用および Windows XP 用の Windows PowerShell 1.0 ローカライズ版インストール パッケージ:

'via Blog this'

2012年7月24日火曜日

私の履歴書:本田宗一郎(8)校長に怒られ学校退学、勝手に聴講を続ける | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

私の履歴書:本田宗一郎(8)校長に怒られ学校退学、勝手に聴講を続ける | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:

'via Blog this'

Redmine 1.4をCentOS 6にインストールする手順 | Redmine.JP Blog

Redmine 1.4をCentOS 6にインストールする手順 | Redmine.JP Blog:


CentOSの設定

SELinuxを無効にする

SELinuxが有効な状態では、SELinuxを適切に設定しなければPassengerでRedmineを実行できません。本手順ではSELinuxを無効にすることで対処します。
エディタで /etc/sysconfig/selinux を開き、 SELINUX の値を disabled に編集してください。
SELINUX=enforcing
↓
SELINUX=disabled
編集後、CentOSを再起動して下さい。
# reboot
再起動後、 getenforce コマンドを実行してSELinuxが無効になったことを確認してください。 Disabled と表示されればSELinuxは無効になっています。
# getenforce
Disabled

iptablesでHTTPを許可

CentOS 6では初期状態でiptables(ファイアウォール)が有効になっており、外部からサーバ上の80/tcpポート(HTTP)に接続することができません。このままではwebサーバを立ち上げてもクライアントから接続することができませんので、iptablesの設定を変更します。
エディタで /etc/sysconfig/iptables を開き、80/tcpへの接続を許可するための以下の記述を追加してください。追加位置は、22/tcpへの許可している記述の直後としてください。
# Firewall configuration written by system-config-firewall
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT
設定が終わったらiptablesを再起動してください。
# /etc/init.d/iptables restart

必要なパッケージのインストール

Redmineを使用するにあたり、必要なパッケージのインストールを行います。

EPELリポジトリの登録

Rubyのビルド時に必要なパッケージがEPEL(エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ)にありますのでリポジトリをEPELリポジトリを追加します。
# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm

開発ツール(Cコンパイラ等)

# yum groupinstall "Development Tools"

RubyとPassengerのビルドに必要なヘッダファイルなど

# yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

MySQLとヘッダファイル

# yum install mysql-server mysql-devel

Apacheとヘッダファイル

# yum install httpd httpd-devel

ImageMagickとヘッダファイル

# yum install ImageMagick ImageMagick-devel

Rubyのインストール

これまで当サイトのRedmineインストール記事ではRuby Enterprice Editionを使用してきましたが、Redmine 1.4からRuby 1.9に対応しましたので公式のインタプリタをビルドしてを使用します。

ソースコードのダウンロード

下記のページからRuby 1.9系のソースコードをダウンロードしてください。

Rubyのビルド

ダウンロードしたRubyのtarballを展開して、configureを実行してください。
# tar zxvf ruby-1.9.3-p125.tar.gz 
# cd ruby-1.9.3-p125
# ./configure
Rubyのビルドとインストールをします。
# make
# make install
# make clean
インストール後、rubyコマンドを実行して正しくインストールされたことを確認してください。
# ruby -v
ruby 1.9.3p125 (2012-02-16 revision 34643) [x86_64-linux]

bundlerのインストール

Redmineが使用するGemを一括インストールするためのツール、bundlerをインストールします。
# gem install bundler --no-rdoc --no-ri

MySQLの設定

デフォルトキャラクタセットをutf8に設定

エディタで /etc/my.cnf を開き、 [mysqld] セクションに character-set-server=utf8 を、 [mysql] セクションに default-character-set=utf8 を追加してください。
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

innodb_file_per_table
query-cache-size=16M
character-set-server=utf8

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

[mysql]
default-character-set=utf8

MySQLの起動および自動起動の設定

# /etc/init.d/mysqld start
# chkconfig mysqld on

/etc/my.cnf への設定が反映されていることの確認

MySQLのシステム変数に設定されている値が
  • character_set_filesystem
  • character_sets_dir
以外すべてutf8になっていることを確認してください。
latin1 になっている項目があれば、 /etc/my.cnf の設定が正しいか確かめてください。
# mysql -uroot
mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       | 
| character_set_connection | utf8                       | 
| character_set_database   | utf8                       | 
| character_set_filesystem | binary                     | 
| character_set_results    | utf8                       | 
| character_set_server     | utf8                       | 
| character_set_system     | utf8                       | 
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ | 
+--------------------------+----------------------------+

rootユーザーのパスワード変更・匿名ユーザー削除

# mysql -uroot
mysql> use mysql;
mysql> update user set password=password('********') where user = 'root';
mysql> delete from user where user = '';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;
※ ******** の部分は任意のパスワードを設定してください。

Redmine用データベースとユーザーの作成

# mysql -uroot -p
mysql> create database db_redmine default character set utf8;
mysql> grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by '********';
mysql> flush privileges;
mysql> exit;
※ ******** の部分は任意のパスワードを設定してください。このパスワードは後述のdatabase.ymlの設定で使用します。

Redmineのインストール

Redmineのダウンロード

下記URLからRedmine1.4のtarball(.tar.gz)をダウンロードしてください。

Redmineの展開と配置

ダウンロードしたRedmineのtarballを展開してください。 redmine-1.4.0 というディレクトリが作成され、その下にRedmineを構成するファイル群が作成されます。
# tar zxvf redmine-1.4.0.tar.gz
Redmineの配置先のディレクトリを決定し、そこへ展開したファイルを移動してください。例えば、 /var/lib/redmine を配置先とする場合、以下のようにします。
# mv redmine-1.4.0 /var/lib/redmine

データベースへの接続設定

Redmineからデータベースへ接続するための設定を記述したファイルを作成します。
以下の内容で REDMINE_ROOT/config/ に database.yml を作成してください。
production:
  adapter: mysql2
  database: db_redmine
  host: localhost
  username: user_redmine
  password: ********
  encoding: utf8
※ ******** 部分は、MySQL上に作成したRedmineユーザーのパスワードです。
※ config/database.yml.example に設定例がありますので参考にしてください。

メールサーバへの接続設定

Redmineからメールサーバへ接続するための設定を記述したファイルを作成します。
以下の内容で REDMINE_ROOT/config/ に configuration.yml ファイルを作成してください。
production:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      address: "localhost"
      port: 25
      domain: 'example.com'
※ example.com の部分は、Redmineを実行するサーバのFQDNとしてください。
※ config/configuration.yml.example に設定例がありますので参考にしてください。
configuration.yml ではメールサーバへの接続設定のほかにもアップロードされたファイルの保管場所や、データベースの暗号化などが設定できます。詳しくはconfiguration.yml によるRedmineの設定 をご覧ください。

Gemパッケージのインストール

Redmine 1.4より前のバージョンでは1つずつGemをインストールする必要がありましたが、Redmine 1.4からはbundlerが採用されているので使用するGemを一括してインストールすることができるようになりました。
Redmineが使用するGemをインストールします。
# bundle install --without development test postgresql sqlite
※ 本手順ではデータベースに MySQL を使用するため、 PostgreSQL,SQLite 使用時に必要となるGemのインストールを行わないようにしています。

Redmineの初期設定とデータベースのテーブル作成

セッションデータ暗号化用鍵の生成とテーブル作成を行います。
# rake generate_session_store
# rake db:migrate RAILS_ENV=production

Passengerのインストール

Apache上でRedmineなどのRailsアプリケーションの実行に必要なPhusion Passengerをインストールします。
# gem install passenger --no-rdoc --no-ri

PassengerのApache用モジュールのインストール

インストーラを実行し画面の指示に従って操作してください。
# passenger-install-apache2-module
インストールが完了すると以下の様に表示されます。太字の部分はApacheに設定すべき内容なので控えておきます。表示される設定情報は passenger-install-apache2-module --snippet を実行して後で参照することもできます。
The Apache 2 module was successfully installed.

Please edit your Apache configuration file, and add these lines:

   LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.12/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.12
   PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

After you restart Apache, you are ready to deploy any number of Ruby on Rails
applications on Apache, without any further Ruby on Rails-specific
configuration!

Press ENTER to continue.

Apacheの設定

Passengerの設定を追加

Passengerの設定をApacheに追加します。 /etc/httpd/conf/httpd.conf に直接追加してもよいですが、管理しやすいようPassenger関係の設定は別ファイルにまとめます。
以下の内容で /etc/httpd/conf.d/passenger.conf を作成してください。
# Passengerの基本設定。
# passenger-install-apache2-module --snippet を実行して表示される設定を使用。
# 環境によって設定値が異なりますので以下の3行はそのまま転記しないでください。
#
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.12/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.12
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
#
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

# 必要に応じてPassengerのチューニングのための設定を追加(任意)。
#
PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerUseGlobalQueue on
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
RailsSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
RailsFrameworkSpawnerIdleTime 0

Apacheの起動および自動起動の設定

# /etc/init.d/httpd start
# chkconfig httpd on

Apache上のPassengerでRedmineを実行するための設定

Redmineを配置したディレクトリ以下のファイルを、Apacheを実行するユーザー・グループ(CentOSの場合はいずれも"apache")で読み書きできるよう、オーナーを変更します。
# chown -R apache:apache /var/lib/redmine
どのような形態(URL)でRedmineを利用するかによって設定が異なります。三つのパターンを例に挙げます。

パターン1: webサーバをRedmine専用として使用

webサーバのルートディレクトリでRedmineを実行するための設定です。「http://サーバIPアドレスまたはホスト名/」でRedmineにアクセスできます。
エディタで /etc/httpd/conf/httpd.conf を開き DocumentRoot をRedmineのpublicディレクトリ(例: /var/lib/redmine/public )に変更してください。
DocumentRoot "/var/www/html"
↓
DocumentRoot "/var/lib/redmine/public"
設定変更後、Apacheを再起動してください。
# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd graceful

パターン2: サブディレクトリでRedmineを実行

URLのサブディレクトリでURLにアクセスできるように設定します。同じサーバでRedmine以外のアプリケーションを実行する場合や、複数のRedmineを実行する場合に便利な設定です。

シンボリックリンクの作成

Apacheの DocumentRoot に指定されているディレクトリ(通常は /var/www/html )に、Redmineのpublicディレクトリ(例: /var/lib/redmine/public)に対するシンボリックリンクを作成します。シンボリックリンクの名称は、URLのディレクトリ名部分で使いたい名前(例:redmine)にしてください。
# ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/redmine

Apacheへの設定追加

Apacheの設定ファイル(/etc/httpd/conf/httpd.conf)もしくは前述の手順で作成したPassengerの設定ファイル(/etc/httpd/conf.d/passenger.conf)などに以下の設定を追加します。
RailsBaseURI /redmine
設定後、Apacheを再起動してください。
# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd graceful

パターン3: バーチャルホストでRedmineを実行

特定のバーチャルホストでRedmineを実行する設定です。Apacheに以下の設定を追加します。
NameVirtualHosts *:80

...

<VirtualHost *:80>
    ServerName www.example.jp
    DocumentRoot /var/lib/redmine/public
</VirtualHost>
設定後、Apacheを再起動してください。
# /etc/init.d/httpd configtest
# /etc/init.d/httpd graceful

インストール完了後の初期設定

インストールが完了しwebブラウザ経由でRedmineにアクセスできる状態になったら、日本語環境で使うための設定変更やユーザーの追加・プロジェクトの追加などを行います。
インストール後の初期設定手順については以下をご覧ください。


'via Blog this'

FreeNASアップグレードのメモ | Way2Go

FreeNASアップグレードのメモ | Way2Go:

FreeNASアップグレードのメモ

On 2010 年 1 月 6 日, in PC, by washo
closeThis post was published 2 年 6 ヵ月 18 日 ago which may make its actuality or expire date not be valid anymore. This site is not responsible for any misunderstanding.
FreeNASのバージョンを 0.7(4957)版へアップデートした。
環境さんぷるさんのページでは、FreeNASに関する修正パッチや追加パッチ等のバージョンなどを配布されており、更新が頻繁なので、忘れないように、メモっておきたいと思います。
私の環境では、既に、USB内にFreeNASがインストールしてある前提です。
  • 現在、運用中のFreeNASの設定をWEB上で、バックアップしておく
  • アップグレードするファイル(ISO)をダウンロード
  • ダウンロードしたファイルをCDに焼く
  • FreeNASを停止もしくは再起動して、CDからブート
  • FreeNASのCUIから、Install/Upgradeを選択
  • Install/Upgrade方法は、embedを指定(Fullだと、”ない”とか言われたので)
  • Upgradeが完了したら、再起動し、CDを抜く
  • USBからブート


'via Blog this'

あにょの自宅サーバ構築メモ(Fedora)

あにょの自宅サーバ構築メモ(Fedora):

■ランレベル3(CUI)で起動させる
Linuxはサーバー用途で使用しますので、本来なら X Window System は必要ありません。常に X Window System を利用する必要が無いのであれば、以下のように /etc/inittab を編集します。そうする事で次回起動時よりランレベル3(CUI)で起動します。
inittabの編集
[root@linux ~]# vi /etc/inittab
#
# inittab       This file describes how the INIT process should set up
#               the system in a certain run-level.
        ・
        ・
id:5:initdefault:
  ↓
id:3:initdefault:  ← ランレベル5をランレベル3に変更します。

これで次回起動時よりランレベル3(CUI)で起動します。 


'via Blog this'

2012年7月23日月曜日

松岡正剛の千夜千冊『風姿花伝』世阿弥元清

松岡正剛の千夜千冊『風姿花伝』世阿弥元清:
世阿弥元清
『風姿花伝』(花伝書)
1978 岩波文庫・1979 講談社文庫 他
岩波文庫(野上豊一郎・西尾実 校訂) 
講談社文庫(川瀬一馬 校注)
transelater

'via Blog this'
老後の初心忘るべからず」老齢期には老齢期にあった芸風を身につけることが「老後の初心」である。老後になっても、初めて遭遇し、対応しなければならない試練がある。歳をとったからといって、「もういい」ということではなく、其の都度、初めて習うことを乗り越えなければならない。これを、「老後の初心」という。


http://www.ncn-t.net/kunistok//6-1-fushikaden-1-.htm
'via Blog this'

秘すれば花

秘すれば花:

秘すれば花
1997年10月17日

秘すれば花なり秘せずは花なるべからず
これは世阿弥の書き残した『風姿花伝』の中の、よく知られた一節です。
この伝書で、世阿弥は芸上達のアドバイスと、興行を成功させるための方法論を具体的かつ詳細に書き記しています。
残念ながら、我々は世阿弥の演技を、今、鑑賞することはできません。彼の役者としての才能がどのくらいのものであったのかわかりませんが、演出家、能作者としては間違いなく天才です。
花伝書を読んでみると、世阿弥がこれを書いたのは抽象的な演劇論、芸術論などを書きたいからではなく、やむにやまれぬ心情からであったことがひしひしと伝わってきます。ただただ、一座の発展と、この芸を志す者に、世阿弥自身が獲得した奥義を伝えたいという、それだけで書かれています。
私たちが今読んでも迫ってくるものがあるのは、決して空理空論ではないからです。生き残って行くための方法論と自分自身の心の軌跡を記録しておきたいという、そのことだけで貫かれていますから、世阿弥の生の声が伝わってくるのでしょう。
この伝書は、能についてのものですが、観客を相手に何かを見せて、また再び来たいと思わせるためのコツなど、どのような分野にでも当てはまります。音楽などのライブでも、芝居でも、サーカスでも、何にでも当てはまります。
先に紹介した一節、「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」というのもそのようなものです。
その前に、「花」という言葉ですが、これは世阿弥自身、広範囲に、様々な意味で使っています。そのひとつとして、「花と面白きと珍しきと、これ三つは同じ心なり」と言っています。
人が舞台で発見する「珍しさ」、この感動が花であり「面白さ」である。つまり、「花」と「珍しさ」と「面白さ」、この三つは全く同じものであると言っているのです。
そして、
ただ珍しさが花ぞと皆人知るならば、さては珍しきことあるべしと思ひ設けたらん見物衆の前にては、たとひ珍しきことをするとも、見手の心に珍しき感はあるべからず。見る人のため花ぞとも知らでこそ、為手の花にはなるべけれ。されば見る人は、ただ思ひのほかに面白き上手とばかり見て、これは花ぞとも知らぬが、為手の花なり。さるほどに人の心に思ひも寄らぬ感を催す手だて、これ花なり。
 
つまり、「意外性が感動である」と観客が知ってしまえば、その効果は激減すると言っています。ここで重要なことは、「感動とはそのような心のメカニズムで起こるのだ」という原理を観客に知られてはまずいということなのです。 観客が予想もしていなかったときに、ふと予想外のことを見せると、観客は驚き、感動します。意外性など期待していないときに、そして演技者の側も、意外なことなど起こすつもりはまったくないというような態度のなかで、ふと予想外のことを起こすと、観客は感動します。
観客が「何か珍しいものが見られる」と、最初から期待しているのでは、意外性の効果はそれほどありません。
同じようなことを、あるアメリカ人の少年が体験しています。
トム・マリカというマジシャンがいます。彼の子供時代の思い出を綴った文で、サーカスを見たときのエピソードを紹介しましょう。
トムは母親にサーカスにはじめて連れていってもらい、マチネの興行を見ました。
ショーのある場面でハプニングが起きました。舞台裏にいた一頭の馬が、突然、舞台上に飛び出し、暴れまわったのです。係員やピエロがあわてて飛び出してきて、総出で馬を取り押さえ、中に連れ戻しました。観客はみんな驚きと大笑いで高揚したまま、その後もショーを楽しみました。
トム少年は、はじめて見たサーカスがあまりにも面白く感動したので、母親にねだり、夜の部も見せてもらいました。
この夜の部で、トム少年を昼の部より一層驚かせたことが起こりました。
それは、昼間と同じ場面で、またあの馬が現れ、暴れだしたのです。そうです。これは最初から演出として組み込まれたハプニングであったのです。このときトム少年は、観客を驚かせる秘密の一端を垣間見てしまったのです。
日本でも、ミュージシャンのステージも年々派手になり、様々な趣向が凝らされています。 派手な舞台装置を使ったものから、見た目はささやかでも、さりげなく、観客を驚かせるものまで、数多くの工夫が懲らされています。
小林幸子の紅白歌合戦での衣装。あれも段々とエスカレートしてきて、数年前など、衣装が顔の数百倍もあるようなものを着ていました。テレビの画面一杯が衣装で、顔は虫眼鏡で見ないと見えないのです。観客が前もって「珍しいもの」を期待しているところへ、それを裏切らないようなもの出し続けるのは難しいことです。一度や二度ならともかく、毎回となると、至難のワザです。
「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」は古今東西、共通ですが、これが観客を驚かせる秘訣であると、観客に知られることなく使ってこそ、はじめて威力を発揮するのでしょう。


'via Blog this'

2012年7月21日土曜日

ローカル環境でWordPress構築するBitNamiを入れてみた(日本語化含む) | Marines, be ambitious 生暖かく千葉ロッテマリーンズを見守るそんなBlog

ローカル環境でWordPress構築するBitNamiを入れてみた(日本語化含む) | Marines, be ambitious 生暖かく千葉ロッテマリーンズを見守るそんなBlog

BlogThis! とは何ですか。 ? - Blogger ヘルプ

BlogThis! とは何ですか。 ? - Blogger ヘルプ

WordPress 3.4 日本語版 - Google グループ

WordPress 3.4 日本語版 - Google グループ:

'via Blog this'

気負わずに、自然体で: BitNami Redmineの自動起動

気負わずに、自然体で: BitNami Redmineの自動起動

第6話 「目標は高く」 - 本田宗一郎との『叱られ問答』 - 経営コラム - 日本経営合理化協会AV局

第6話 「目標は高く」 - 本田宗一郎との『叱られ問答』 - 経営コラム - 日本経営合理化協会AV局:

'via Blog this'

2012年7月20日金曜日

Apache2 PHP5 インストール | CentOSサーバー構築マニュアル

Apache2 PHP5 インストール | CentOSサーバー構築マニュアル:

'via Blog this'

centosでwordpressを試す - 6-bit.com

centosでwordpressを試す - 6-bit.com:

centosでwordpressを試す

bitnamiを使わずに手動でインストール。避けたかったけど。
  1. su
  2. yum install php
  3. yum install php-mysql php-mbstring
  4. cd /var/www/html
  5. wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.1.3-ja.zip
  6. unzip wordpress-3.1.3-ja.zip
  7. cp wordpress/wp-config-sample.php wordpress/wp-config.php
  8. vim wordpress/wp-config.phpで編集する。

    define(‘DB_NAME’, ‘wordpress’);
    define(‘DB_USER’, ‘wordpress’);
    define(‘DB_PASSWORD’, ‘kumapanda’);←これは適当。
  9. yum install mysql mysql-server
  10. /etc/init.d/mysqld start
  11. mysql_secure_installationで設定する。

    root password => kumaroot ←これも適当。

    他はenterで。
  12. mysql -u root -pで起動する。

    create database wordpress;
    grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by ‘kumapanda’;
    exit;
  13. whereis chkconfigで調べる。
  14. /sbin/chkconfig mysqld on
  15. cd /etc/httpd/conf.d/
  16. http://localhost/wordpressにアクセスして表示されたらok。adminのパスワード「kumapanda」←適当とメールアドレスを設定する。
  17. 成功するとadminのパスワードが表示されるので絶対にメモしておく。
  18. /sbin/chkconfig httpd on
  19. cd /var/www/html/wordpress
  20. vim .htaccessで編集する。

    Options All -Indexes

    deny from all
  21. apacheでsslを使えるように設定し、vim wp-config.phpで下記を追加する。

    define(‘FORCE_SSL_ADMIN’, true);
    define (‘FORCE_SSL_LOGIN’, true);
  22. vim wp-admin/.htaccessで編集し、basic認証かipによる制限をかけておく。

    Order Deny,Allow
    Allow from 000.000.000.000
    Deny from all
  23. vim wp-content/.htaccessで編集する。

    Order Allow,Deny
    Deny from all

    Allow from all
  24. http://localhost/wordpress/にアクセスしてadminでログインし、「設定」−「一般」でlocalhostとなっているところを編集する。
  25. 「設定」−「パーマリンク設定」で.htaccessを更新しておく。
  26. (0゚・(ェ)・)完了
bitnamiを使わなくても大丈夫だった。bitnamiだと簡単にできると思ったのに。。。
Share on Facebook
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - centosでwordpressを試す
Post to Google Buzz
Bookmark this on Digg
Bookmark this on BuzzURL
email this
Tagged . Bookmark the permalink.


'via Blog this'

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想カレンダー

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想カレンダー:

'via Blog this'

2012年7月18日水曜日

旭硝子:Fluon:ご連絡先

旭硝子:Fluon:ご連絡先
お問合せ窓口


AFLAS®
Fluon®
アフレックス®
東京 旭硝子株式会社 AGC化学品カンパニー 事業統括本部
フッ素化学品事業部
フロロポリマーズ事業グループ 東京支店
〒100-8405 東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング33階


【 AFLAS® Fluon® TEL:03-3218-5875 FAX:03-3218-7856
【 アフレックス® TEL:03-3218-5438 FAX:03-3218-7857
大阪 旭硝子株式会社 AGC化学品カンパニー 事業統括本部
フッ素化学品事業部
フロロポリマーズ事業グループ 大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル12階
TEL:06-6373-5850 FAX:06-6373-5947

エフクリーン®
本社 AGCグリーンテック株式会社
エフクリーン®(施設園芸用フッ素樹脂フィルム)の販売
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-5-8
TEL:03-5833-5451 FAX:03-5833-5457
製品ラインアップ

アフレックス®:販売元 旭硝子株式会社

アフレックス®は12µmから200µmまで豊富な品揃えでお客様のニーズにお答えします。

主要製品一覧



12 N 1200 S 1000m/巻 (約25.2kg/roll)

21 GS 1220 NT 1000m/巻 (約44.8kg/roll)

25 MW 1250 NT 1000m/巻 (約54.7kg/roll)

25 N 1250 NT 1000m/巻 (約54.7kg/roll)

40 N 1250 NT 500m/巻 (約43.8kg/roll)

50 HK 1250 NT 530m/巻 (約58.0kg/roll)

50 KN 1250 NT 530m/巻 (約58.0kg/roll)

50 N 1250 NT 500m/巻 (約54.7kg/roll)

100 N 1250 NT 250m/巻 (約54.7kg/roll)

200 N 1250 NT 50m/巻 (約21.9kg/roll)