現場の人が使いたがらないマニュアル<手順書>は
ISOでは作らない!
現場のマニュアル<手順書>という物は、現場の日常作業で見ることは少ない。

仕事をするのに、いちいちマニュアルを見るのは・・

1. 新人が仕事を覚える場合、
2. 希にしか発生しない仕事の場合
3. その仕事が極めて重要で、失敗が許されない場合      

は、マニュアル(手順書)片手に仕事を進める。

通常の日常の「ルーチンワーク」では、マニュアルを見ることは殆どない。
特に日本人は。

めったに使われないが、現場の人に要求されるマニュアルとは何だろう?
一言で言うと「分かりやすい」ではないだろうか?

分かりにくいマニュアルとは以下のようなパターンだ

1. 文章が、硬く抽象的、かつ曖昧
2. 小説のようにだらだら書いてあるもの
3. 基準やポイントが示されていないもの
4. ビジュアル(図、イラスト、写真、動画)が少ない

という特徴がある。現場の人から「嫌われるマニュアル」である。

 ISOのマニュアル、手順書はこれらと全く反対のものである。
栃木県の工場現場で
ある栃木県の製造工場で、ISOの取得指導をしていた。その工場では、イラン人
中国人、ブラジル人が約20人働いていた
現場の手順書作成のところで、工場長と相談した。彼らは日本語は片言しか分からない。仕事は日本人のベテランが実地で教えていた。
しかし、現場マニュアルは無かった。日本語でマニュアルを新たにつくっても、外人用のものを更にまた作る必要があった。

そこで、我々は提案した

DVD(VTR)で作業を撮ろう
日本人作業員のベテランのやる作業を撮影していった。約一週間を要した。
そして、外国人を集め順次上映し、質疑応答を繰り返した。

 日本語が覚束ない為、なかなか意思疎通が難しいようだが、彼らは毎日現場
作業をやっている。DVDは作業を一目瞭然で確認できた。
 我々がISOで目指す現場マニュアルは「実践的であること」なのだ。
  審査当日も問題なくパス
 審査当日、審査員に<DVD>を見せてから現場巡回(監査)を実施してもらった。
審査員も納得していた。
最後の会議(クロージングミーテイング)で、DVDの件は、当社の実情にあった正しい方法だとの賛意がなされた。

分かりやすく、使いやすく、実際的であること。これがISOで目指す我々グループのコンセプトだ。

それが、外国人にも分かるDVDによる「手順書」だった
生きたマニュアルとは
現場の人が活用するマニュアルそれはいつも活用され、メンテナンスが日常的に行われ、どんどん使いやすくなってゆく物でなくてはならない。

一度作ったマニュアルが何年も改定されないのは、活用されているとは、言えない。

何故なら、顧客の意向、経済情勢、社内の体制、事情など様々な変更要因が
存在する。

そして、現場のマニュアルは、現場の人自身が改訂してゆくのがベストである。

これがISOで我々グループが目指すマニュアル<手順書>の実際だ。

今なら、助成金を活用してISO取得費が10万円で可能。
関東地区優先。期間限定、先着5社まで